TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画
               
     
 
◆ダイオキシン
 

タ イ ト ル
ダイオキシン


 著   者
宮田 秀明
 出 版 社
岩波新書
  価   格
¥700
  内   容
いま全国の土壌や大気、さらに母乳や血液から高濃度のダイオキシンがつぎつぎと検出されている。なぜ汚染が進むのか、環境や人体内でどう動くのか、毒性やホルモン攪乱作用はどうか。各地の汚染現場をよく知る著者が、発生のしくみから、最近とくに研究が進んでいる人体への影響と対策まで、ダイオキシンのすべてを解説する。


タ イ ト ル
猛毒ダイオキシンから子どもを守る100の知恵


 著   者
子育てと環境を考える会 (編集), 宮田 秀明
 出 版 社
主婦の友社
  価   格
¥1,200
  内   容
本書は、ダイオキシンを体に入れない、体から追い出す知恵とメニューが盛り沢山です。 ダイオキシンから自分や子どもの健康を守るには、行政の対策はもちろん私たちの努力も必要。ダイオキシン研究の第一人者・宮田秀明教授と市民グループがまとめた、誰でも無理なく実行できる初の生活防衛本。


 
タ イ ト ル
しのびよるダイオキシン汚染―食品・母乳から水・大気までも危ない


 著   者
長山 淳哉
 出 版 社
ブルーバックス
  価   格
¥660 
  内   容
ベトナム戦争時に米軍が使用した枯れ葉剤に入っていた催奇性毒物として話題になり、恐れられているダイオキシンは、実は私たちのごく身近なところに存在する。例えば、都市のゴミ焼却場で発生し、大気・水・土壌などだけでなく、日常の食べ物までも汚染し、微量ずつ人体に蓄積し続ける。そして、母乳を通じて赤ん坊に高濃度の影響を及ぼす可能性がある。なぜ、こうした恐ろしい毒物が発生するのだろうか?現在の汚染状況はどうなのであろうか?解明された事実を見据え、今すぐにでも手を打たなければ間に合わない緊急課題・ゴミ焼却システムの改善、教育の徹底など、「本当に問題にすべきこと」を著者は訴える。


 
タ イ ト ル
ダイオキシン―神話の終焉


 著   者
渡辺 正 /林 俊郎
 出 版 社
日本評論社
  価   格
¥1,600 
  内   容

どこから発生するのか。人間にとって危険なのか。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
 
 
 
TOPにもどる

掲載希望の方はinfo_K@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください

Copyright (C) 2003 kankyotv.net
All Rights Reserved.