TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画
               
     
 
◆電磁環境
 

タ イ ト ル
クロス・カレント

 著   者
ロバート・O・ベッカー
 出 版 社
新森書房
  価   格

¥1,553

  内   容

ガンだけに限らず、白血病、エイズ、アルツハイマー病、小児突然死、自閉症、様々な出産異常および各種精神神経病など、現代社会は結局のところ何が原因なのかわからない、新たなる難病を数多くかかえ込んでいる。こうした難病の根源に、現代人の免疫抵抗力の低下という隠された要因が横たわっている。それは現代の日常化した電磁複合被曝による生体の細胞レベルの異常事態によって引き起こされているのだ。本書は電磁波被曝による生体への影響を総合的に研究、解明した画期的な書である。


タ イ ト ル
高圧線と電磁波公害


 著   者
高圧線問題全国ネットワーク(編集)
 出 版 社
緑風出版
  価   格
¥2,200
  内   容
家庭内には大型の電化製品が増え、職場ではVDTや携帯電話を使うことが日常的になった。それに伴い発生する電磁波が体に変調をきたす原因ではないかとする事例が多く報告されている。一方で、50万、100万ボルトもの超高圧線を含む放送線が、住まいや学校の近くをはしっている。高圧電流の下に発生する磁場は体に影響を与えないのか。本書ではカロリンスカ報告の全文・全データを収録するとともに、日本各地での高圧送電線と住民たちとのたたかいを報告する。


 
タ イ ト ル
ケータイ天国・電磁波地獄


 著   者
週刊金曜日
 出 版 社
株式会社金曜日
  価   格
¥800
  内   容
電磁波って何?/ケータイ電話のしくみ/携帯電話会社も言い分/郵政省の言い分/住民運動の声


 
タ イ ト ル
電磁波はなぜ怖いか [増補改訂版]暮らしの中のハイテク公害


 著   者
天笠啓祐
 出 版 社
緑風出版
  価   格
¥1,700 
  内   容
電磁波でガンになる!? 家庭や職場、大気中に飛びかう電磁波がトラブルを起こしている。電子レンジ、携帯電話・PHS、OA機器の人体への影響は? 医用機器、AT車などの誤動作との開係は? 最新情報を増補・改訂。


タ イ ト ル
全解明 電磁波障害と対策


 著   者
岩井善弘
 出 版 社
東洋経済新報社
  価   格
¥1,553 
  内   容

電磁波の正体を探る/侮れない電磁波障害の危険/欧州が主導権を握る電磁波規制/必要に迫られる電子機器の電磁波対策/
今後の普及が期待される建築物の電磁波対策/古くからの問題、テレビ電波の受信障害問題/騒がれ始めた病院内の電磁波障害問題/ビジネスチャンス広がる電磁波対策関連産業と今後の展望


タ イ ト ル
危ない携帯電話 [それでもあなたは使うの?]


 著   者
荻野晃也著
 出 版 社
緑風出版
  価   格
1900円  
  内   容
携帯電話が普及している。しかし、携帯電話の高周波の電磁場は電子レンジに頭を突っ込んでいるほど強いもので、脳腫瘍の危険が極めて高い。本書は、政府や電話会社が否定し続けている携帯電話と電波塔の危険をやさしく解説する。


タ イ ト ル
死の電流─電磁波問題を考える-イギリスにおける歴史


 著   者
ポール・ブローダー著/ 荻野晃也監訳/半谷尚子訳
 出 版 社
緑風出版
  価   格
¥2800円  
  内   容

高圧線やVDTから発する電磁波はガン発生等健康への脅威だ――告発する科学者と隠蔽する米国政府・産業界との闘い。科学ジャーナリストである著者が電磁波の危険性を世界に先駆けて提起した衝撃のノンフィクション。


タ イ ト ル
電力線電磁場被曝――隠蔽する電力会社と政府


 著   者
ポール・ブローダー著  荻野晃也監訳
 出 版 社
緑風出版
  価   格
¥2400円
  内   容

電力線の電磁場によるガンなどの多発が欧米諸国で大きな社会問題になっている。ア メリカでは、根拠がないとして抑え込もうとする電力会社・政府と告発する市民の攻 防が、科学界を巻き込んで広がっている。本書は、アメリカの著名な科学ジャーナリ ストが、一大社会問題の発端となった住宅地や学校での電力線電磁場被曝の実態を克 明にルポし、電磁場被曝の脅威を告発した名著の待望の邦訳。


タ イ ト ル
電磁場からどう身を守るか


 著   者
エレン・シュガーマン著 天笠啓祐他訳
 出 版 社
緑風出版
  価   格
¥2200円  
  内   容

送電線、携帯電話、電子レンジ、テレビモニター、無線などがつくり出す電磁場の被曝によって、ガンなどを引き起こされることは欧米では常識となりつつある。本書は、ガンを発生させるメカニズムを解説するとともに、家庭、地域、職場で電磁場から身を守る方法を具体的に提案する。

 

 
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
 

 

 
TOPにもどる

掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください

Copyright (C) 2003 kankyotv.net
All Rights Reserved.