TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画
               
     
 
◆生物多様性
 


タ イ ト ル
死体の晩餐「動物の権利と菜食の理由」


 著   者
ヘルムト・F・カプラン  共同翻訳:ニートライ陽子/田辺リューディア/まきぼう 
 出 版 社
同時代社
  価   格
¥1575
  内   容

憲法に動物権利がうたわれている国は、世界中でドイツのみです。またドイツの動物保護法は世界中から、想像もつかないほどひどい動物たちの状態を改善する手本となっています。ドイツ人は動物保護や動物権利について、十分な意識をもっていています。そのため既にたくさんのドイツ人は菜食主義者となっていますが、若い世代ほど、この割合が高くなっています。こうした状況に大きく寄与しているのがヘルムト・F・カプランのベストセラー「死体の晩餐」です。この著書は現在では古典的な意義をもっていますが、著者はまた自ら、ドイツ語圏の最初の動物権利哲学者です。


タ イ ト ル
ブラックバスがメダカを食う


 著   者
秋月岩魚
 出 版 社
宝島社
  価   格
¥648
  内   容

「メダカが絶滅するかもしれない?」日本の湖沼河川の生態系に壊滅的な打撃を与えた外来魚ブラックバスが、密放流され全国に広がるまでの経緯を丹念に辿り、その問題点を鋭くついた本書は、発表以来大きな波紋をよんだ。バス問題は決して釣り関係者だけの問題ではない。公共の財産である自然の急速な崩壊を前に我々は何をすべきか、バス問題を正しく理解し、ともに考えるための増補・改訂版。
タ イ ト ル
川と湖沼の侵略者  ブラックバス−その生物学と生態系への影響


 著   者
瀬能 宏/淀 太我/高橋清孝/他
 出 版 社
恒星社厚生閣
  価   格
¥2.500
  内   容
 本書は現在,社会問題化し,また,河川・湖沼生態系に強いインパクトを 与え続けているオオクチバスに焦点を当て,これまでの研究成果を基盤にして,生物学的特性と分布の現状を正確に把握し,また,それらが自然生態系や魚類をはじめとする在来水生生物にいかなる影響を与えているのかを科学的に究明することにより,生物多様性の保全に寄与することにある。


 
タ イ ト ル
日本の両生爬虫類


 著   者
内山りゅう 前田憲男 沼田研児 関慎太郎
 出 版 社
平凡社
  価   格
¥2800円
  内   容
日本のサンショウウオ・イモリ・カエル・カメ・ヤモリ・トカゲ・ヘビのすべてを網羅し、美しい写真で見せる写真図鑑の決定版。孵化、捕食、交尾などの生態や、外国産の近似種もあわせて収録。


 
タ イ ト ル
外来種ハンドブック


 著   者
日本生態学会 (編集), 村上 興正, 鷲谷 いづみ
 出 版 社
地人書館
  価   格
¥4,000
  内   容
生物多様性を脅かす最大の要因として今や世界的な問題となっている外来種問題。日本におけるその現状と課題、法制度に向けての提案をまとめた総合的なハンドブック。日本における最新の外来種リスト付き。


タ イ ト ル
生物の形の多様性と進化―遺伝子から生態系まで

 著   者
関村 利朗 (編集), 森田 利仁 (編集), 野地 澄晴 (編集
 出 版 社
裳華房
  価   格
¥4,300
  内   容
生物の多様な「かたち」はどのように形成され、いかに進化してきたのか。現在の研究の現状と展望を、実験と理論双方の第一線の研究者が解説する。ますます学際的な研究の進展が期待されるこの分野の総括的な入門書。


タ イ ト ル
環境生態学序説


 著   者
松田 裕之
 出 版 社
共立出版
  価   格
¥2,800
  内   容
持続可能な漁業、生物多様性の保全、生態系管理、環境影響評価の科学
これから環境問題にかかわる人、環境問題にかかわる生態学を学んだことのない人のための読み物として書いている。マイワシの激減、植物レッドリスト、マグロの乱獲、エゾシカの大発生、巻貝のインポセックス、所沢のダイオキシン問題、愛知万博の環境影響評価など、ごく最近新聞紙上をにぎわせた問題を数多く取り上げている。第2に、大学の学部生向け、大学院生向けの教科書として使うことができる。専門的な内容は章末の脚注に収め、かつそこを読まなくても全体像が直感的につかめるように書いているので、学生の学年と学部に応じて一般論から専門知識まで説明することができる。


タ イ ト ル
生物の保護はなぜ必要か―バイオダイバシティ(生物の多様性)という考え方


 著   者
ウォルター V. リード(原著), ケントン R. ミラー(原著),編訳・解説/ 藤倉 良,
 出 版 社
ダイヤモンド社
  価   格
¥1,456
  内   容
かつてない速度で地球上から生物が消えている。彼らを絶滅に追いやっているのは、私たち人間だ。人間は生物や生態からどのような恩恵を受けてきたのか。生物を守るにはどうすればよいのかを考える書。


 
タ イ ト ル
動物の権利  1冊でわかる


 著   者
デヴィッド・ドゥグラツィア (著), 戸田 清 (翻訳)
 出 版 社
岩波書店
  価   格
¥1,400
  内   容
「生命あるもの」として動物を尊重しようとする「動物の権利」の考え方と背景を、肉食・動物実験・動物園・ペットなど実際の問題に即してじっくり考える。人間と動物の関係を見つめなおす一冊


 
タ イ ト ル
新・動物実験を考える―生命倫理とエコロジーをつないで


 著   者
野上 ふさ子
 出 版 社
三一書房
  価   格
¥1,500
  内   容
年間2000万匹もの動物が犠牲にされていながら「動物実験に何の法規制もない国」、それが日本の現実。今日の動物実験、動物虐待のありようを総括し、私たちができることを提案。93年刊「動物実験を考える」最新データ版。


 
タ イ ト ル
エイリアン・スピーシーズ―在来生態系を脅かす移入種たち


 著   者
平田 剛士
 出 版 社
緑風出版
  価   格
¥2,200
  内   容
自然分布している範囲内に存在する種、つまり在来種に対して、それ以外の地域または生態系に人間が持ち込んだ種を移入種という。アライグマ、マングース、ブラックバスなどの移入種によって、従来の生態系が壊されたりして、大きな影響を受けている。本書は、北海道から沖縄まで、全国の移入種問題を追い、その対策を考える。


 
   
タ イ ト ル
野生動物問題


 著   者
羽山 伸一
 出 版 社
地人書館
  価   格
¥2,200
  内   容
野生動物問題の存在とその社会的課題としての重要性を知ってもらうために、最近話題となったニュースなどを事例に取り上げて、そこに含まれる野生動物問題を抽出することから始める。その上で、抽出された個別の野生動物問題に対して、社会や研究者などがとった対応を検証しつつ、問題の理解や解決に必要な基礎知識を示す。

 
   
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
 
 
 
TOPにもどる

掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください

Copyright (C) 2003 kankyotv.net
All Rights Reserved.