TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画
 
               
     
 
◆環境全般
 

タ イ ト ル
からだの毒消し生活術


 著   者
大森隆史
 出 版 社
サンマーク出版社
  価   格
¥1,785 
  内   容
"ヒ素や水銀といった重金属(有害ミネラル)をはじめとする、有害物質の汚染から免れている人はいない。そして、これらによる汚染が、ガンや痴呆症、アトピーなどをひきおこし、さらには伝染病などへの抵抗力を弱めている――。化学技術者から医師へと転進した異色の経歴をもつ著者ならではの実感です。とはいえ、ちょっとした注意と暮らし方の工夫しだいで、これら「体内毒素」をからだの外に出すことができるのです。著者の、長年の研究や臨床経験の積み重ねをもとにまとめられた本書には、からだが本来もっている免疫力を高め、病気を未然に防ぐ地道な「毒消し」の知恵の数々が、びっしり詰まっています。


タ イ ト ル
「インターネットで探す〜環境データ情報源」


 著   者
エコビジネスネットワーク編
 出 版 社
日本実業出版社
  価   格
¥3,200 
  内   容
増えつつある環境関連サイトの中から目的の情報を、迅速かつ的確に探し出すのはとても困難なこと。 大変な時間と労力を費やしてしまう。この「インターネットで探す〜環境データ情報源」はそんな悩みを解消してくれる便利な一冊。国内外で開設されているインターネット上のサイトから、環境経営や環境ビジネスを紐解く上で欠かせない情報・データを掲載した約290サイトを厳選。目的の情報がどのコーナーにあるかなど、各サイトごとの解説も実に丁寧。さらに付属のCD-ROMを併用すれば、本書紹介の全サイトへ直接アクセスができる。インターネットで環境関連情報を収集したい時に重宝する実用的な一冊だ。


タ イ ト ル
ナチュラリストのためのWWW


 著   者
フィールドワークス
 出 版 社
日経サイエンス
  価   格
¥1,456 
  内   容

インターネット上に築かれた自然関係のホームページアドレスが掲載されている。



 
タ イ ト ル
住まいの複合汚染


 著   者
能登春男・あきこ
 出 版 社
三一書房
  価   格
¥1,748
  内   容
夢のマイホームが悪夢になるとき/健康を蝕む新建材/毎日が人体実験/住まいの複合汚染/健康な住まい造りの知恵を求めて/見えない病魔/人と地球に健康な家造りを


 
タ イ ト ル
いま地球に何が起こっているか


 著   者
横山裕道
 出 版 社
ぴいぷる社
  価   格
¥1,500円
  内   容
地球のいま/せまりくる地球温暖化/悪化する一方の地球環境/わが地球の過去の姿は/どうなる地球の未来/人類が生き残る道は


タ イ ト ル
植物は警告する

 著   者
三上晃
 出 版 社
たま出版
  価   格
¥1,200
  内   容

植物とリーフ・バイオ・センサーという電子機器を通じて情報の交換をし、人類が直面している地球の緊迫した危機の実態、宇宙エネルギーの真相、生命の根元などについて学び取り、一人一人が何をなすべきか考えていく。


タ イ ト ル
沈黙の春


 著   者
レイチェル・カーソン
 出 版 社
新潮社
  価   格
¥2.000
  内   容
人間による環境汚染を、世界で最初に警告したレイチェル・カーソンの名著。かけがえのない地球のために生涯をかけて闘ったレイチェル・カーソンの、また全世界の人々の願いにもかかわらず、いまだ汚染と破壊は続いている。一人一人の力は小さくても、自分のできることから始めれば、いつか大きな力になることが必ず証明できるはずである。少しでも環境問題に関心のある人にとっては必見の書。


タ イ ト ル
環境問題とは何か


 著   者
富山和子
 出 版 社
PHP研究所
  価   格
¥660
  内   容

21世紀は環境の世紀。そしてその資源は水と土――日本人は古来、急峻な厳しい地形と闘いながら、この資源を作りあげ営々と養ってきた。だが現在、足元を見れば、山村の過疎、水問題、放置された森林……山紫水明と言われた地は「手抜き列島」と化している。このままだと、水は飲めない、森がなくなる、という事態も起こりうる。著者は言う山・川・海・米があるのも、それを守る人がいたから。
日本人の自然観を根本から問い直す、環境問題を考える全ての人に読んでほしい一冊。


タ イ ト ル
市民のための疫学入門 [医学ニュースから環境裁判まで]


 著   者
津田敏秀
 出 版 社
緑風出版社
  価   格
2400円
  内   容
SARS、食中毒、タバコとがん、大気汚染とがん、環境汚染と人体へ影響、薬害など、日々起こるさまざまな医学・医療事件……。事件発生を伝える医学・医療ニュースから裁判まで、争われる事件の原因と結果 、つまり因果関係を考える学問が疫学である。  疫学研究者として、さまざまな公害・環境裁判に関わってきた著者が書き下ろした本書は、疫学を一般 向けにやさしく解説した格好の入門書であり、演習問題もついた実践的な書!


タ イ ト ル
なぜダムはいらないのか 「公共事業と環境破壊」


 著   者
藤原 信
 出 版 社
緑風出版社
  価   格
2300円  
  内   容
万一の洪水や渇水から住民を守るため、電力や農業のためといった理由で次つぎと建設されるダム……。しかし建設のための建設、土建業者のための建設といったダムがあまりに多い。地域住民が反対するダム建設はほとんどがそうした代物だ。本書は、脱ダム宣言をした田中康夫長野県知事に請われ「長野県治水・利水ダム等検討委員会」委員などを務め、住民の立場からダム政策を批判してきた研究者による、渾身の労作。

 
 
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
 

 
TOPにもどる

掲載希望の方はinfo_k@kankyotv.netまでメールでお問い合わせください

Copyright (C) 2003 heartman
All Rights Reserved.