電磁環境

 
TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画
   
   

 
電磁波によるドライアイから 眼瞼下垂症
 
   
   
   

パソコンやゲームの電磁波によるコンタクトレンズ使用の危険性




近年、コンタクをしてパソコンやゲームを長時間使用している人に多く見られる眼瞼下垂症

コンタクトを使用していている方でだんだん瞼が開かなくなってくる!こんな人が多くなって来ていす。
今までは、先天性のものが多かった。又、コンタクトの出し入れや、ごみが入ったときに瞼を指で上に引っ張ると いった行為で瞼板から腱膜が外れ、瞼が開かなくなった 。ハードコンタクトだとその厚さで腱膜が削れていってしまう場合もあるようです。ところが近年コンタクをしてパソコンを長時間使用している人に多く見られるようになりました。原因は、コンタクをしてパソコンやゲームを長時間使用している為、ドライアイになりそれが原因で瞼が開かなくなるケースが増えています。

眼瞼下垂症 blepharoptosis  (がんけんかすいしょう)とは?   

まぶたが十分開かない,あるいは全く開かない状態をいいます。先天性のものが多く,この場合は,しばしば家族性にあらわれ,たいていは両限性です。まぶたの聞き方が十分でなく,まぶたが瞳孔にかかると視力障害があるので,できるだけまぶたを上げようとして額にしわをよせ,眉をつり上げ,頭を後ろにひき,あごを出して物を見ようとする特有の見かたをします。瞳孔にまでまぶたが下がっていると,正しい視力の発達がそこなわれ弱視になる可能性が高いので,3〜5歳くらいの速い時期に手術をして治すのがよいでしょう。とくに片眼性の場合は弱視,斜視になりやすいので注意が必要です。後天性のものは,動顔神経や頸部交感神経の障害が原因で起こる場合や筋無力症の部分症状で起こる場合があります。これらは,原因となる病気の治療をすることで治りますが,回復がみられないときはまぶたを上げる手術をすることもあります。 眼瞼下垂症というのは瞼を上下させる筋肉が弱っているか、切れているために額の筋肉がその代わりを務めることによって、過負担が連鎖的に首筋や肩の筋肉にかかり、肩こり、頭痛、めまい、脳の血流(酸素)不足などを引き起こすもののようである。

カラーコンタクトレンズの危険性

目の色(虹彩の色)を簡単に変えられるカラーコンタクトレンズ。日本人の顔立 ちでは青や緑に変えても似合わない…と言われながらもファッションと して人気が出ています。しかしその危険性はあまり知られていないようです。 カラコンタクトは色が付いているのは虹彩部分で、中心の瞳孔部分は個人差を考えや や大きめに「透明」になっている。中心にも色が付いているカラコンタクトもあるが、 薄い色なら周りの色はあまり変わらないように見える。ただ暗い場所で瞳孔が 開いた状態だと違和感を感じることもある。 カラコンの多くはソフトレンズの表面に色をプリントしたもの。通常のソフト レンズに比べると表面が乾燥しやすく、傷が付きやすい。また酸素透過力も非 常に悪いため目にはかなり負担がかかる。連続使用は普通2〜3時間、長くて も6〜8時間程度にしておかないと、眼瞼下垂症や悪くすると失明の可能性もあるそうです、特にパソコンやゲームといった眼を酷使する事は危険度を加速しますので避けたほうがよいとされてます。


   
   
   
     

TOPに戻る

Copyright (C) 2003 kankyotv.net
All Rights Reserved.