自然 環境 絶滅種 移入種 環境 写真
ゴミ 公害 電磁波 諸外国 環境 写真
TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画

これは皆さんによる投稿写真や取材での撮影写真集です!
皆さんの投稿写真を御待ちしております。
送電線 ★携帯アンテナ ★外国の鉄塔・携帯アンテナ

□電磁環境  
 

こんなところに送電線が!!



 
長野県某所民家(敷地内に鉄塔が建っている)by jiraikou
高出病院(病院の真上を高圧線が通っている)by jiraikou



神奈川県某所(民家の真上に高圧線隣には鉄塔)by A氏
某所(建物の真上に近すぎる高圧線そばには鉄塔)by A氏



長野県大町市大字高瀬入 大町エネルギー博物館 屋外展示東京電力提供と思われる50万ボルト送電線用がいし装置、
*当然、使用済み50万ボルト(500kV)送電用耐張碍子セット
立て札には、全長7m、碍子直径32cm、重量900kg、碍子個数25個2列「電気を大量に遠くへ送るため送電線が必要です。
この送電線を大地から絶縁するため、がいし装置を鉄塔に固定します。一般に、使用する電圧や電線の太さにより、がいし装置
が変わります。」 #耐張とは、電線重量による引っ張りに対して耐えられる仕様条件。

#耐張の他には、懸垂というタイプがある。
#懸垂とは、単に送電線が鉄塔にぶら下がっている状態を指す。
#送電線の碍子には、主に耐張と懸垂の2種類で構成されている。 by jiraikou





長野県塩尻市片丘東山、塩嶺(エンレイ)
写真に対して、垂直に走っている送電線が、東京電力安曇幹線(500KV4束2回線)50Hz水平に走っているのが、中部電力東信信濃幹線(275KV4束2回線)60Hz
世界でも希な超超高圧送電線で周波数が異なる送電線同士の交差。今現在この場所で「中部電力佐久幹線(500KV4束2回線)60Hz」が追加交差されている。
by jiraikou




長野県東筑摩郡朝日村西洗馬
右側 東京電力安曇幹線(500KV4束1回線)50Hzと
左側 中部電力新信濃連絡線(275KV4束2)60Hzの平行奥手に、東京電力新信濃周波数変換所が見える。

by jiraikou





岐阜県関市
電源開発関変電所、275kV送電線60Hzが集まる。
主に岐阜県北部(御母衣・庄川系ダム群)、福井県南部(九頭竜ダム)と静岡県西部(佐久間・新豊根・天竜川系ダム群)の電源開発発電所と中部電力、関西電力との電力中継を行う変電所。

by jiraikou



富山県西礪波郡福光町小院瀬見(里山) 
富山県福光射撃場の裏山に、北陸電力/中部電力南福光連系所が運転を開始しています。写真の左側の鉄塔が、中電越美幹線。右側の鉄塔が、北陸電力加賀福光幹線(500KV4本束線2回線)です。この連系所の特徴は、中電の60Hz送電線と北電の60Hz送電線を、交流から直流に変換して、更に交流にして運転しています。60Hz同士の送電線の接続なのに、何故、一度直流に直すのかと言った理由はわかりません。
by jiraikou



 
TOPに戻る

Copyright (C) 2003 kankyotv.net
All Rights Reserved.