自然 環境 絶滅種 移入種 環境 写真
ゴミ 公害 電磁波 諸外国 環境 写真
TOP 検索エンジン  
LINK 投稿動画
 
これは皆さんによる投稿写真や取材での撮影写真集です!
皆さんの投稿写真を御待ちしております。
淡水魚 ★動物 ★鳥 ★昆虫 ★木草花

□絶滅種・希少種
 
 
 
 
淡水魚

 
 

  ミヤコタナゴ(Miyakotanago)
県内における自然分布は無くなり、内水面試験場や水族館等でしか見ることはできなくなりました。
試験場では、増殖方法を確立し種の維持に努めると共に、自然水域における生息地復元の研究をしています。

  ゼニタナゴ(Zenitanago)
現在は鶴見川水系の一部にしか生息していません。
しかも、外来種のタイリクバラタナゴに駆逐されつつあり、自然分布は風前のともしびです。


  スナヤツメ(Sunayatsume)
湧水のある清流にすんでいます。
相模川や酒匂川、鶴見川水系の支流に分布しますが、生息地が限られ絶滅の危機にあります。


  ホトケドジョウ(Hotokedojou)
多摩川、鶴見川、境川、相模川、金目川や酒匂川水系の細流に生息しますが、都市開発により生息地が狭められています。


  ア カ ザ(Akaza)
相模川水系上流部の支流数カ所で最近生息が確認されました。
   

  ギ バ チ(Gibachi)
相模川、中村川、鶴見川の水のきれいな上流域で僅かに生息しています。


  ナ マ ズ(Namazu)
湖沼や河川中流域に生息しています。
県内における生息地は減少し、そのユニ−クな姿を見ることが難しくなってきました。


  メ ダ カ(Medaka)
昔は県内各地で見られましたが、現在の確実な生息地はきわめて限定されます。
人為的に放流されたものが多く、水系特有の遺伝資源が混乱しています。


  カ ジ カ(Kajika)
丹沢山塊をはじめとする渓流域を中心に生息しますが、砂防ダムによる河川分断や堰などのため、各地で生息域が脅かされています。
   

  カマキリ/アユカケ(Kamakiri)
親魚は秋に川を下り、河口域や沿岸域で産卵し、初夏に稚魚が川をそ上しますが、川をのぼる力が弱く小さな堰も上れません。相模川と酒匂川でごく少数確認されているだけです。

   
 
     
TOPにに戻る
 
Copyright (C) 2003 kankyotv.net
All Rights Reserved.